ロータリークラブ処世訓

世渡り上手なロータリアンになるための傾向と対策
RI Presidential Theme 2016-17
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
RECOMMEND
( ^.^)
にほんブログ村 経営ブログ ロータリークラブ・ライオンズクラブへ


にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ


facebook

ARCHIVES
OTHERS
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
月信ダイジェスト

せっかくなので月信の表紙写真とガバナー巻頭言を1冊にまとめよう、と編集会議のみなさんが気を使ってくださったそうです。嬉しい話です。
で、あとがきを書くのはやはり私
さらにこれはあちこちに配布するそうで、「謹呈」文も。

それが本日刷り上りました。会社にも届けてもらいましたが、封筒も必要かなと、久々ガバナー事務所へ


タイトルは「ガバナー月信 あゆみ」。
表紙写真は、弊社撮影士が撮った札幌ドーム。
でも地区大会パンフの表紙写真とは違います。
アングルもさることながら、こちらの方が洗練された感じが

せっかくダイジェスト版を作ってもらったので、当ブログでも原文ダイジェストをこの機会に。
月号 月号 月号 月号 月号 月号
月号 月号 月号 月号 月号 月号 
余談ですが、地区大会パンフのガバナー挨拶とロータリーの友4月号「地区のたより」内のコラム「ガバナーわが地区自慢」も代筆。唯一書かずに写真だけ、というのがロータリーの友7月号「ガバナー紹介」 

今回もオリジナルはこんな感じで  謹呈文と合わせてお楽しみ下さい

続きを読む >>
裏ガバナー事務所(2008-09) | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
ガバナー月信13号 本稿

月信13号最終号、予定通り発行されました。

 表紙は、撮影士がガバナー月信用に弊社航空機から撮影した写真。
大通からジャンプ台を俯瞰するアングルです
ほかにもいろいろ構図を替えて撮ってもらったのですが、表紙となると字が入りますし、何より表紙の形に合わせて縦に撮影しなければなりません。
そんなんできれいな写真はいろいろありましたが、編集会議にお任せしたらコレになったようです。
いい具合に落ち着いたかと
なので裏表紙に「撮影:矢橋温郎」というのは、正しくはないのですが、編集会議が気を使ってくれたようで、まぁガバナーだし

タイトルは「未来へ向かって札幌」だそうです。
これも編集会議の考案。まぁ最終号だし。

聞いたところ、ガバナー補佐さんたちはみなさん、私が書いたことを御存知なかったようで「ガバナーが書きそうな話だけど、なんとなく違うひとが書いているような」感じはしていたのだそうです

今回もオリジナルはこんな感じで

続きを読む >>
裏ガバナー事務所(2008-09) | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
最後の巻頭言(代筆)入稿
昨日、前年度代表幹事から外出中にいただいていました。月信最後の巻頭言よろしくとのこと。
そんなわけで急ぎ本日、書き上げました
1年間はペースを保てたのですが、当該年度が終わったというのと、締切が通常よりも延びることもあって、13号目は油断します

とはいえあっさり書き上がり、直前ガバナーに目を通していただき、札幌の方のガバナー事務所へ送稿
これで名実共に、2008-09年度が終わりました

裏ガバナー事務所(2008-09) | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
新しいガバナー月信



本日配布された新年度ガバナー月信7月号。ガバナーが直前ガバナーへの送辞を書いていて、文中私が登場します

裏ガバナー事務所(2008-09) | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
西高オーケストラ部

母校・札幌西高のオーケストラ部に札幌西ロータリークラブが楽器を寄贈した話は、同窓会報に載っておりました
そのトロンボーンは聴けませんでしたが、今日はオーケストラ部から弦楽四重奏を、これまた前身・札幌二中の先輩彫刻家4名による特別展を開催中の本郷新記念 札幌彫刻美術館で聴きました。

終演後、顧問先生にごあいさつ。
卒業生として、というよりロータリアンとして寄贈された楽器の感触を聞きたかったのですが、「ロータリー…?あぁ去年楽器をいただいた…」と、なんとなく寄贈者に対して思うところは怪しげな反応
在学中も、オケを指導する先生はそんな感じの方でしたが

裏ガバナー事務所(2008-09) | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
ローターアクトのなさけない話

ローターアクト下段の件について、2510地区ローターアクト代表から

 今週末のRAC年次大会でのガバナー挨拶。代読用にいただいたが内容が厳しいので削除したい
 誰に電話してるのか。私はガバナーではない
 ガバナーと面識が無いので、話したことのある息子さんから伝えて欲しい
 ガバナーと会ったことがないとは驚く。あと12日で今年度が終わるというのに。エレクト、ノミニーまで含めれば3年間も会う機会があった。他地区ではGE事務所へRA代表エレクトが出向いて翌年度の打ち合わせをするところも多い。全国研修会へ出してもらっておきながら、他地区の代表とそういう情報交換もしなかったのか
 当地区の事情で代表が決まるのが遅かった
 それはあなたたちの事情。であるならなおさら、代表に決まった時点で挨拶すべきではないか。
会ったこともない地区のトップから祝辞をもらっておきながら、内容が気に入らないからと勝手に割愛するとは非礼極まる。RCとかRACとかいう以前に、人間として感覚がおかしい

 提唱ロータリークラブと相談した結果だ
 どのように内容が厳しく聞こえるのか知らないが、月信にも書いているとおりガバナーの新世代に対する姿勢は、厳しいながらも間違ったことは言っていない。耳の痛い話だとしても、それはそれとして聞いて、誤解の指摘や反論があればその後申し入れればよいのではないか

本当なら代読など面倒なことはせず、ガバナー本人の口から出る言葉だ。ガバナーがこの1週間、国際大会へ出席することは、一昨年のうちから決まっていた。それをわかっていながら年次大会をぶつけてきたのは、あなたたちだ。
ガバナーは出発1ヵ月前に約束通り、原稿を作った。文句があるなら受け取った先月のうちに言うべきではないか。遅くとも今週月曜日はまだ札幌にいた。大会前々日になって、日本にいないのをわかって、ガバナーに伝えろとは卑怯だ。これがロータリーの新世代プログラムとはなさけない

 とにかくガバナー挨拶は削除する。伝えて欲しい
 やだね。直接言えよ。バーミンガムの国際大会会場に電話したらつながるかもよ。
てゆうか、私に電話してるところが土台おかしい。単なる親子関係であって、ロータリー的には所属クラブが異なる。代表幹事に相談するのが筋だ。提唱クラブに相談しておきながら、そういう助言すらしてもらえなかったとは気の毒

 …わかりました

ライン

なお、彼らがここまで固執する「過激な挨拶文」というのを参考までに示しておきます
(言い回しは口語体ですが原文通り) 

続きを読む >>
裏ガバナー事務所(2008-09) | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
今週末はローターアクトの年次大会
ローターアクトガバナーは、英国・バーミンガムの国際大会へ行っちゃいました
それをわかっていながら、標記の件で関係者がバタついています
RACの年大でのガバナーからの祝辞が、過激なんですと。

新世代に対して過激、というと私がまた代筆したのでは、と勘繰られたようですが、今回はガバナー本人が書いたもので、私は相談すら受けていません。
月信が過激だったのは、ガバナーとの雑談を通じてガバナーの意向を文章に起こしたもので、私の作文ではありません。だから本人が書いても、過激になるのです

そんなに過激なことを書いたのかと興味本位でガバナー事務所から取り寄せて読んでみました。これのどこが過激なのか。まだまだ甘い。叱咤激励と「過激」を履き違えている。
強いて指摘するなら、文章が私より下手

だいたい、どんな祝辞が届こうと、代読するひとが「過激では」と心配する必要はないし、心配する方が過剰な反応では。
さらにいえば、本来その祝辞は、ガバナーから直接聞くべきもの。国際大会とぶつかることがずいぶん前からわかっていながらあえて、この日にRACの大会をぶつけてきたのはRAC側。いわばRIの日程にたてついたわけで、ガバナー不在を選択しておきながら代読メッセージがいいとか悪いとか論じるのがおかしい。

そのおかしい点を「おかしい」と指摘しないおかしさに気付かない2510地区のロータリアンたちが、愚かな新世代に磨きをかけています。バカな若者をさらにバカ化させるだけなら、RACなんて全部やめてしまえ。

これくらいのことが書いてあるなら、「過激」と称してもよろしい
裏ガバナー事務所(2008-09) | 17:32 | comments(4) | trackbacks(0) | ロヲタリアン