ロータリークラブ処世訓

世渡り上手なロータリアンになるための傾向と対策
RI Presidential Theme 2016-17
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
RECOMMEND
( ^.^)
にほんブログ村 経営ブログ ロータリークラブ・ライオンズクラブへ


にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ


facebook

ARCHIVES
OTHERS
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
札幌市内新旧国際奉仕委員長会議
18時より新札幌のシェラトンで開催。
当RCからは「旧」の委員長が出席。「新」は欠席。ただし出席した「旧」も
同時刻から開始されている新旧GSE委員会出席のため、途中で抜けます。

今年度の幹事クラブは新札幌RCで、有田会長自ら司会を務めました。
決算・予算の承認と次年度幹事クラブを手稲RCとする決定でひと段落。
議題その他として地区青少年交換委員長が話し始めたところで中座し
地下鉄でロイトンへ向かいました
(厳密にはバスセンター前にチャリを置いているので西11丁目まではチャリ移動)。
会議の様子
国際奉仕委員会(2004-05) | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
地区歓送迎会(付記)
これに先立ち同ホテル内で、GEにお時間を割いていただき、静内での一件に関する
報告と今後の進退を伺いました
3日前の例会では、一部会員に対し退会をほのめかしましたが、半ば本心でして
向こう1年間をあのような非礼極まる地区青少年交換委員長と仕事をしなければ
ならないのは苦痛であるため。我慢すればよい、というものではなく、問題なのは
地区委員長側が事態をこじらせた末に責任をおしつけてくるのが、この2年間の
彼の言動からみても明らかということ。これまでのようなカウンセラー・国際奉仕委員長に
責任をおしつけられ、クラブに持ち帰り会長幹事と協議してなんとかおさめる
という手法も、地区最高役員たるガバナーには直截的過ぎるでしょう。
これが担当者(カウンセラー・国際奉仕委員長ときて今度は担当地区幹事)が若造だから
と足元を見ての卑劣な態度によるものであるなら、そのような態度を誘発させないような
重鎮を担当地区幹事に据えるのがガバナー事務所にとっても得策と考えます。
加えて、地区新世代委員長のお膝元で開かれた華やかな式典でのトラブルで
新世代委員長も気を悪くされたことでしょう。
そうした諸々の懸案事項を考慮し、本日の話し合いとなりました。
GEはその後の地区歓送迎会には来賓として出席されましたが、私はとても出る気分
ではなく(彼と顔を合わせれば殴ることになるので)、終了後、地区事務局に支払いだけ済ませて帰宅しました。
国際奉仕委員会(2004-05) | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
北海民友新聞より
アメリカ合衆国
留学生ベン・アドラーさんが別れ 〜 「終わりじゃない。これが始まり」

 紋別ロータリークラブ(中西清美会長)が行っている国際青少年交換事業で昨年8月、アメリカネバダ州カーソンシティから来紋したベン・アドラーさんが24日、留学期間を終え帰国する。22日には紋別ロータリークラブが主催した送別会が政寿しで行われ、別れを惜しんだ。帰国に当たりベンさん家族が紋別を訪問して関係者に無事の留学に謝意を示した。
 ベンさんは「紋別ではいろいろあったけれど、いいことたくさんありました。一生忘れられない思い出になります。ロータリーやホストファミリーの皆さん本当にありがとうございました」と謝辞を述べ、「これが終わりじゃない。私の日本との関係の始まりです」と新たな決意をにじませていた。
中西紋別ロータリークラブ会長からベンさんの両親にプレゼント
国際奉仕委員会(2004-05) | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
本日の例会
ハート 例会に先立ち、主だった関係者に静内での顛末を説明。この状況が続くようであれば
RC退会も辞さない姿勢を示してみましたが、怒りが激し過ぎて、なんか伝わってない
のではと不安 冷や汗

ダイヤ 例会中、委員会報告。DuranさんがIWC例会に参加する件と
Stacyさんの出発最終案内。

スペード 次年度国際奉仕委員会を例会終了後に別室で開催。
先週やるはずが、3名しか集まらなかったとかで流れ、今日に。出席は
王冠 山光委員長・山中・松宮・岩崎(以上副委員長)・釘本会員・矢橋
欠席2名だからやはり例会後は効果アリ。
内容は、さっそく8月来日予定の受入学生のホストファミリー探し。

委員長指針は全会員に手分けして打診するというもの。
松宮次期副委員長にも援護願いながらお話しましたが、この手法はこれまでも
やってきており、年々効果が下がり、4月に私が行った際にはとうとう誰も受け手が
いなくなりました。
「委員長が矢橋では受けられないが、山光先生なら受けます」という会員も
そりゃ中にはいるかもしれませんが、それでは私の屈辱感が増すばかり 怒り
次期委員長は「全員引き受けないという結果が出れば、そのデータをもとに会長と
掛け合う」とのこと。それも確かに理解はできます。

とりあえず私の名誉の問題は、私がお願いにあたる会員は先に抽出させていただき
残りは各自割り振りしてもらうということで解決しました。
国際奉仕委員会(2004-05) | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
フィリピンからのゲストをインナーホイール最終例会へ
フィリピン インナーホイール
先週、当RC例会を訪れたフィリピンのロータリアン夫人Duranさんが
今日は札幌インナーホイールクラブの例会に参加しました。
今月は最終例会にあたるため、当初は見学するにも退屈なのではと心配されましたが
Duranさんの「せっかくだから参加するだけでも」との希望により、私がお連れすることに

なっていたのですが びっくり
ロビーで12時に待ち合わせのところ、早めに着いていたDuranさんはすでに
奥貫会長ほかみなさまと懇談しているところでした。ご紹介するまでもなく
うちとけられていて、さすが奥様同士 楽しい
左から奥貫会長・Duranさん・山光会長エレクト・松宮会員
続きを読む >>
国際奉仕委員会(2004-05) | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
豪州の母校から同窓会報
以前にも触れましたが私個人はROTEXでして、1986年に豪州に派遣されました。
当初の受入高校はImmanuel Collegeです。当初の
というのは、年度の切り替えの際に別の高校に移らせてもらったもので。
ちょうど当初の高校では年齢の兼ね合いで12年生という卒業学年に入っていたため
12月で卒業扱いになるのです。当然1学年度という条件で派遣されるのですから
2月からの新学期でも12年生に残れるのですが、1ヶ月程度のことなら同級生と共に
卒業してしまって、残りは他の学校も見てみたいという名目を立てた次第。
現在なら11ヶ月未満でも学校が長期休暇に入ったら帰国を勧告されるところですが
当時はのんびりしたものでした。
表紙
さてそんな当初の高校ですが、12年生を終えていなくなったためか卒業生名簿
のようなものに記載されたようで、同窓会誌が時々学校から届きます。
最新号も本日届きました。

先日の市電送別会で北村さんが、かつての受入高校で同期会に呼ばれたという
お話を披露してくださいました。
Stacyさんにも聖心から同期会のお呼びがかかれば 楽しい
国際奉仕委員会(2004-05) | 23:04 | comments(1) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
名古屋にて(二日目)ロータリー館
帰りの便まで時間があるので、愛・地球博(愛知万博)へ行ってみました。
ロータリアンとして、マンモスよりも優先的に行かねばならない聖地はロータリー館
壁
ロビーでは各RCのバナーが飾られ、ロータリーについての説明ブースもあり
会議室がふたつ。ひとつは移動例会に使われるようで、本日は岡崎RC
もうひとつは催し物用。今日はプラチナ茶室の展示。お茶もいただけるとあって
遠州茶道の家元を眺めながらいただいてきました。
メーキャップカード
館長の豊島PGが気さくに館内を案内してくださり、先日、大会員ももらってきたという
MUカードを私ももらいました。
全景 館内
例会風景 お隣の催し物
ただ平日昼間というのにすごい混みようで、人気パビリオンは2時間待ちが当たり前。
適当なところでリニモに乗って帰りました。
国際奉仕委員会(2004-05) | 22:26 | comments(1) | trackbacks(1) | ロヲタリアン