ロータリークラブ処世訓

世渡り上手なロータリアンになるための傾向と対策
RI Presidential Theme 2016-17
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
RECOMMEND
( ^.^)
にほんブログ村 経営ブログ ロータリークラブ・ライオンズクラブへ


にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ


facebook

ARCHIVES
OTHERS
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
制服返却
Stacyさんがお借りしていた制服一式を返しに、札幌聖心女子学院に出向きました。
Stacyさんの1年間、その前のKaiさんから数えると2年間お世話になった御礼も兼ねて。

お借りしていた制服一式は、そんなわけでKaiさんが借りていたものをそのまま
Stacyさんにも与えていたので、貸出リストも2年前のもの。
クリーニングできれいに畳んだブラウスやスカートなどを夏冬に分けて照合しました。
女子高生の制服を一枚一枚ていねいに分別するなんて、ブルセラショップの店員か
カウンセラーか、というほど貴重な作業(役得)でしょう ときめき

無事、紛失物は無く、返却終了。

田口校長先生は来客中でお目にかかれませんでしたが
まる2年お世話になった古矢先生、Stacyさんの担任の漆崎先生にごあいさつして
聖心をあとにしました。

これでStacyさん関連の残務はすべて終了!
ということでカウンセラー業務も全部終了!
あとは報告書を提出したら国際奉仕委員長の仕事も完全終了だ!
怒りマーク関連

先生方とのお話で出てきたのがStacyさんの日本語力上達について。
とっても誉めてくださいました。
英語で話しかけても日本語で返答してきたほど積極的に日本語を使っていたとのこと。

空港でも私への最後のあいさつは「英語を使わないでくれてありがとうございました」。
最初から私は、Stacyさんに対して英語は使いませんよ、その方があなたは日本語を
覚えるから、と言っておきましたし、その点で彼女の望むところが一致したと。
それが彼女にとって嬉しいことだった、と。

英語を使うのが学生にとって良い息抜きだのと勝手な妄想を膨らませて
英語を使う場の提供に必死になって、学生の語学力向上の足を引っ張る地区の方々には
伝わらない気持ちでしょう。
Stacyさん関連 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
スポンサーサイト
- | 14:05 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://kokusai.jugem.jp/trackback/340
TRACKBACK
<< 当ブログについて | TOP | 札幌北RAC 年度初例会 >>