ロータリークラブ処世訓

世渡り上手なロータリアンになるための傾向と対策
RI Presidential Theme 2016-17
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
RECOMMEND
( ^.^)
にほんブログ村 経営ブログ ロータリークラブ・ライオンズクラブへ


にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ


facebook

ARCHIVES
OTHERS
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
地区の役割とは
例会に出かけようかという時間のこと。
派遣候補学生の堀北さんのご尊父から私の携帯に電話がありました。
今朝ほど自宅にロータリークラブから電話があったようですが、矢橋さんですか?と。
まず、私が堀北さんに連絡をとる際、携帯にかけます。自宅番号は知ってますが
かけたことはありません。
そうですよね…と堀北さんは理解してくれました。さらに
私はロータリークラブだとは名乗りません。「ロータリークラブの矢橋です」と
立場を明確にします。

ここで犯人はおわかりでしょう。地区青少年交換委員会事務局です。

彼は以前にも「ロータリークラブ」を名乗り、聖心女子学院に電話をかけ
修学旅行の日程を聞き出そうとしたことがあります。担当の先生が不在だったため
この用件は担当の先生が授業終了後、伝えられました。
その際にも担当の先生は「ロータリーといえば矢橋さんだ」という発想で私に
連絡をしてきたものです。

ここで今一度確認しておきたいのは、事務局はロータリアンではないということ。
ロータリー会員でもないひとがロータリーを名乗って外部に電話をするのは
許されるものなのでしょうか。
せめて「青少年交換の事務局です」は名乗らねばならないのでは。というよりも
いいオトナが「ロータリークラブです」と名乗ればそれで先方が理解してくれるとでも
思っているのでしょうか。そういうオトナが海外の子供をお世話して大丈夫なのでしょうか。

憤りはこれだけではありません。

堀北家への電話は、26日の地区主催による受入学生送別会の件で
改めて出欠の確認をしてきたとのこと。
地区行事については、スポンサーRCやホストRCに地区から文書が配布され
各RCで出欠を取りまとめ、地区に返信するという形を取ってきました。

今回の地区送別会は当RCからは3名の出席です。少ないかもしれませんが、先日
クラブでの送別会は大々的に市電で行い、盛況のうちに終えており、さらなる送別会は
遠慮します、というホストファミリー・関係者が多数のため。

ところがこれが野澤地区委員長は気に食わないらしい。
静内でのインターアクト年次大会の会場で、私をみつけるなり挨拶も殆ど無しで
「あんたんとこは3名ですか!?」と怒鳴るように食って掛かってきました。
なんのことかわかりませんよね、普通 。聞けば送別会のこと。今回はStacyが
早めに帰国するので、それに合わせて送別会を前倒しで企画したのに、そのホストRCが
こんなに少ないのか?というニュアンスが伝わってきました。

冗談じゃない 怒りマーク

誰が地区送別会を開いてくれと頼んだのか。それも前倒しでなどとこちらの関係者は
誰も言ってない。恩着せがましい。
さらにむかつくのは「あんたは前もこういうことをしましたからね」と。

彼の言うところは登別の地区大会のこと。派遣候補学生を登別に連れて来てくれ
という要望を断ったことをまだ根に持っている。
登別の大会については、当RCは次年度大会ホストとして全員登録し、さらに
参加者は大勢で前夜のうちに登別入りするという企画になっていたため
非ロータリアンである堀北さんには当日通う足が無いということで、前提自体
連れて行けないという状況、さらにご尊父からも部活の練習があるからと丁重に
お断りの連絡をいただいたことという2点をもって欠席の返信をしたもの。
これに何故か腹をたてた野澤地区委員長は、弊社に電話をかけてきて
「あんたが勝手にやっていることだろう!理事会にかけろ!」と罵声を浴びせ
かけてきた。尚、この際に弊社社員にも怒声を浴びせた事実も付言しておく。

業務中にロータリアンがロータリアンに罵声の電話をかけてくるのも論外だが
地区委員長だからといって一ロータリークラブの理事会に対して介入してくることも
大きな問題となろう。知らなかったでは地区委員長という職責において無責任過ぎる。

という登別大会の件をまだ理解していなかったらしい。あたかもひとを前科者扱い
という非礼は、ロータリアンとしてではなく、ひととして許されざるものだろう。

今回も私を疑ってのことか、斯様にホストファミリーを一軒一軒電話して
回っているようだ。姑息で不愉快な行動。さらに言えば、こうして一軒一軒
連絡する元気があるのなら、最初から地区ですべて行えばよろしい。クラブに
お任せするというスタンスを取りながら、一方で自分の思った通りいかない
となれば勝手に侵犯してくる。さほどに地区委員長はエライひとだなどと
誰が教えたのだろう。
派遣候補関連 | 12:10 | comments(2) | trackbacks(0) | ロヲタリアン
スポンサーサイト
- | 12:10 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
こんにちは☆広島RACの松井圭子です。(この発言は広島RACとしてはないんで…(;^_^A 笑)
ROTEXもRACもロータリーも青少年交換委員会も新世代も…ほんまにいろいろ問題ありますよね…。
ただ…怒ったら負けです☆しんどいかもしれんけど耐えてくださいねっ!影で応援してますからっ!
ロータリアン…たかがロータリアンと言われないように矢橋さんのように努力してもらいたいもんやなぁと思うのは私だけでしょうか。笑
Keiko@広島RAC | 2005/06/27 1:26 AM

「ロータリアン」とは卓越した奉仕者であり人格者と子どもの頃から聞かされていたので、自分はまだまだ「ロータリークラブの会員」でしかないと思っています。
自分の不甲斐なさから、後輩達がロータリーを曲解するようになってしまい、それを未だに修復できないとは、全く情けない限りです。例の件そんな所なんです。
時期が来たらお話しできると思いますが、今はこの辺で。
挫折寸前の新米○○長 | 2005/06/27 5:27 PM

POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://kokusai.jugem.jp/trackback/323
TRACKBACK
<< 豪州の母校から同窓会報 | TOP | フィリピンからのゲストをインナーホイール最終例会へ >>